コンセプト

手間のかかる工程、少量生産、全てが美味しさへのこだわりです

わたしたち障害福祉サービス事業所「かがやき」は、知的な面でハンデを持った方たちの就労の場として、平成15年4月に設立されて以来、9年間ずっとコーヒーを作り続けてきました。

障害者の施設で本格的なコーヒーの焙煎販売を始めたのは、日本全国で、わたしたち「かがやき」が初めてです。仕入から生豆の選別、自家焙煎、計量から袋詰め、ドリップバック作りに至るまで、すべての工程は手作業で行われています。自分たちの「目と手」で確かめ「鮮度と品質の良さ」にこだわった美味しいコーヒーを、自信を持って提供いたします。「障害者の施設だから・・・」と周囲に甘んじることなく、他のコーヒー店に劣らない商品づくりを目指しています。

コーヒーへのこだわりを25ページの小冊子にいたしました。どんな豆を、どのように選別、焙煎、グラインド、パッキングしているのか実際の作業内容を写真を交えて解説しています、コーヒーの歴史、楽しみ方なども掲載してありますので是非ご覧ください。  (以下に内容の一部を抜粋いたします)

生豆の選別(ハンドピック)。ブラジル、グァテマラ、コロンビア、キリマンジェロ、スマトラ他から輸入された生豆の中から、石、トウモロコシ、黒豆、カビ豆、死豆、貝殻豆、などを手作業で取り除きます。(生豆の1割程度が欠点豆です)・・・
8段階の焙煎(ロースト)。豆の個性に合わせ、直火式、熱風式の焙煎機を使い分、単品焙煎、混合焙煎、それぞれの良さが引き立つようにブレンド
焙煎後の選別(ハンドピック)。焙煎後にもムラ焼け豆、貝殻豆などを選別

小冊子

  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4

大谷石で作った石窯を、薪で温め、白神こだま酵母を使用した生地(国産小麦粉)をじっくり遠赤外線で焼き上げ、無添加で体にやさしいパンを作っています。

世界自然遺産、白神山地から発見された天然酵母、白神こだま酵母は、他の酵母よりトレハロース(天然糖質)をより多く含み、人工的に発酵力を強化したインスタントドライイーストに負けない発酵力を持っているので、パンがほんのり甘くしっとりとやわらかく焼きあがります。

白神こだま酵母はインスタントドライイーストよりも暖かいのを好みます。かがやきでは、この特製に一番合うように大谷石の石窯を使ってじっくり時間をかけて焼き上げます。品質を最優先に作業を行っていますので時には予定どうりに焼きあがりません事をご了承下さい。

冷凍耐性にも優れた白神こだま酵母は、パン生地でもその力を失いません、保存、味、食感の為に添加物は使わずに無添加でじっくりやさしく焼き上げます。冷凍保存でも美味しくお召し上がりいただけますすが、是非、焼き立てかがやきパンをお試し下さい。