かがやきShop

手間のかかる工程、少量生産、全てが美味しさへのこだわりです


shop

かがやき設立18年を迎えて

***********************



新型コロナウイルス渦で何かと気をつけなければならないことばかりの毎日ですが、かがやきときらきらの仲間たちみんなが感染することなく乗り越えつつあることに感謝の気持ちでいっぱいです。新しい生活様式が求められている 昨今ですが、コロナ渦の一日も早い終息を祈りつつ、この機会に創設時からの 歴史を振り返らせて頂きました。
さて、私たちの社会福祉法人友幸会ですが『誰もが自分らしく心ゆたかに!』をモットーに「主役は仲間たち」を合言葉として、趣旨に賛同する多くの方々の 思いを受けて、平成14年9月19日に第一種社会福祉事業の通所授産施設の運営を目的とした社会福祉法人として創設いたしました。
設立当時から、国産小麦と天然の白神こだま酵母・無添加のパンを薪を使って石窯で焼き上げるパンの部門と、選り優ったコーヒーの生豆を本格的なガスの 焙煎機で焙煎しハンドピック選別を始めとしたすべての工程を手作りで行い、ハンドドリップで提供するというコーヒーの部門、さをり織の織機で織り上げた仲間たちのならではの色合いの織物を使った製品を作るかがやき織の部門等3つの部門を中心に、包装や組み立て等の軽作業や農耕も行っていました。主役の仲間たちが作業に参加しやすくするために、可能な限り分業し手作りを基本としてきたこともかがやきの特徴です。
その後、自立支援法に基づく改正により第2種社会福祉事業の就労継続B型・就労移行事業という新体系への移行に伴って、より支援を必要とする仲間たちのための新たな体系の事業所の開設が必要となり、障害福祉サービス事業所 「生活介護 きらきら・ケアホーム きらきら」を開設することとなり、障害者の介護系と地域生活系の事業所をスタートすることとなりました。
そのことで、かがやきにもケアホームが欲しいとの声が高まり、それを受けて平成27年に「グループホームかがやき」を開設しました。そのことで就労系のかがやきが多機能型となり、後にかがやき拠点への生活介護の開設を希望する声を受け、平成31年に「生活介護かがやき」を開設することが出来ました。
また、仲間たちが心を込めて作ったパンとコーヒーの販売拠点として水戸 中央病院の多大なご協力で院内に開設してきた「かがやきカフェ」の経験を活かして「水戸の街なかのかがやきのオリジナル製品の販売拠点」として平成29年に「かがやきカフェ」を設置し、コーヒー販売と喫茶部門のみを試行してきて、平成31年に技術と支援の専門職を迎えて新たにパンの製造と販売部門を強化し「かがやきのパン屋さん見川店」として開店することができたのです。
仲間たちや職員スタッフを始めとした縁ある関係者のみな様に「かがやきに来て良かった!きらきらに来て良かった!」と言って頂けるよう、かがやきをこれまで支えて頂いた多くの方々のご縁に恥じないよう、歴史を振り返りながらみんなで頑張りたいと思っております。 


令和2年9月19日    社会福祉法人友幸会 理事長 野村眞実


かがやきShop  

かがやき と かがやきShop は 別の場所にあります。ご注意下さい。
営業時間 : 10:00~17:00 / 定休日 : 土曜・日曜
水戸市見川4丁目-387-1(一本松バス停前) / TEL:029-350-2929

kagayaki shop

現在グーグルマップではお隣の建物が表示されてしまいます、バス停を目印にお越しください。